ふじしまロゴ
気軽に貸切!チャーター専門フィッシングボート。塩釜釣り船ならふじしまへ!カレイ、ジギング、テンヤ、ハゼなど各種釣りに対応。貸し竿完備で、船釣り初心者も安心。人気の午後船はテンヤだけではなくカレイからジギングもOK。

7/1 午前/午後ともに真鯛ひとつテンヤ


本日は2部船の午前、午後ともに真鯛狙いのひとつテンヤ。
テンヤもこんな感じでご予約頂くようになると、
塩釜遊漁船の1ジャンルとしてすっかり定着した感じがしますネ♪
船長もクーラーに予備のエビを準備して準備万端の気合十分です。

しかし当の本命は手ごわい相手。
ご乗船の大半が「本命浮上せず」もざら、
どころか「全員オデコ」も覚悟しなければいけません。

予約TEL時のよくある質問は「本命NGでも何かしら釣れるでしょう?」ですが
アタリが遠い苦境にくじけて狙いを別物に向けた時点で「本命サヨナラ」なったり
「だめなときは保険で別な釣モノにシフトしたい・・・」などと
ヒヨった時点で時合いの好機を逃します。

そんな昨今、船長から真鯛ファンユーザーへのアプローチは、
釣れない状況を受け入れて頂く「マインドの醸成」であると強く実感しています。

塩釜発仙台湾(金華山から相馬沖を指す)は恵まれた漁場で「釣れる釣り」は数多そろっています。
船長自身「クーラーパンク」の大漁至上主義を否定する気はさらさらないのですが
波の音しか聞こえない静かな海の上で、
細い竿先の極細ラインと対話しながら静かにそのときを待つ。
軽いテンヤの微妙な挙動に反して、本命のアタリはまさしく「爆発的」。
あなたもその反動に魅せられてはいかがでしょうか?

とは言いつつ、フィッシングボートふじしまでは
「カレイ釣れすぎ劇場」や「血まみれサバ・イバル・ジギング」
も絶賛放映中です(笑)。

画像はランガン午後船の客様、68cmと70cmの本命。
特に下の70cmは「夕焼け真鯛」で綺麗な魚体。
このお客さま、4中2バラしでそのひとつが結びが甘く
玉網かけ寸前に桜色の魚対に嫌われたり、
3枚目の猛烈なアタリに腕がアガって力負けしてしまったりと
船長もうらやましくなるほど楽しんでおられました。

ちなみに午前船はオデコ。
代わりと言っちゃ何なんですが、帰り際に鳥山突入でサバ・イバルの入れ食い味わって頂きました。
?Gg[???ubN}[N??