ふじしまロゴ
気軽に貸切!チャーター専門フィッシングボート。塩釜釣り船ならふじしまへ!カレイ、ジギング、テンヤ、ハゼなど各種釣りに対応。貸し竿完備で、船釣り初心者も安心。人気の午後船はテンヤだけではなくカレイからジギングもOK。

航海機器の高度化による懸念

「続 : 新規投入CHIRP魚探」
んだげどネ、航海機器の高度化に伴って魚探操作の難易度も高くなると、昨今高齢化著しい小型船舶漁業従事者がついていけない。

下記がその業界の現状なのではないでしょうか?

細かい海底把握が必要
→長年の経験でポイントは熟知している

機器による膨大な情報が必要
→情報過多は混乱するだけ

複雑な操作、高機能が必要
→簡単な操作最低限の機能で充分

これをいわゆるシロモノ家電の「電子レンジ」で例えると・・・?

【簡単操作】
扉を閉めて「あたためる」ボタンで自動で電力(ワット数)と
時間が設定され数十秒後「チーン!」と鳴ったらハイ、おしまい。
暖めるのは、ほとんどが茶碗一杯分の冷飯だけ。
解凍機能なんて難しいの使ったこたぁねぇ。
少々荒く使ってもそう簡単にゃあ壊れねぇ。

【難しい操作】
自身が調理したい料理によって表面を熱くするのか?あるいは芯までしっかり暖めたいのか?で電力(ワット数)を300~900Wで1W刻みで微調整し、具材の質・量にマッチした時間を自身の経験値にて秒単位でセット。場合によっては仕上がり具合をみて追加で暖めなおす(笑)。
メーカーから「ビーフストロガノフ」だが何だがを調理可能となるVer.UPがあったので、最新のソフトをインストールしなければいけない(爆)。
そういえば前回調理した記憶がメモリに残っているので今夜は「アクアパッツァ」でもつくってみよう~っと(☆_◎)

要は後者の世界に足を踏み入れるか否か(チト大げさ?)となりそうですが
最近説明書が英語から日本語なったそうなんでオレでも何とかなりそうか?
?Gg[???ubN}[N??